BLOG RANKING
いつも応援ありがとうございますニコッ
人気ブログランキングへ ブログセンターへ
キラほしこのブログの順位は?
CATEGORIES
NEW ENTRIES
KEYWORD
BEST SELLER
SPONSORED LINKS
LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
 
政治・経済から芸能まで、今日の出来事にゆる〜くコメントします
<< 北朝鮮中央裁判所、米女性記者2人に12年の重刑 | main | 田代まさしテレビ復帰…芸能界、捨て身トーク炸裂か >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
村上春樹さん 「1Q84」96万部 大当たり極秘戦略
村上春樹さん 「1Q84」96万部 大当たり極秘戦略

 村上春樹さんの最新長編小説「1Q84(いちきゅうはちよん)」(新潮社)が爆発的に売れている。5月29日の発売からわずか1週間で同社は第1巻51万部、第2巻45万部の計96万部(6月4日現在)まで増刷。にもかかわらず、第1巻が品切れとなった書店も続出している。出版不況が叫ばれる中、いったいなぜ? その理由を探った。


 東京都千代田区の三省堂書店・神保町本店。売り場には第2巻だけが平積みになっていた。西東京市の団体役員、星川安之さん(51)は既に第1巻を購入。「村上作品は家族や食事、好きな映画のように生きていく楽しみの一つ。生きているって面白いと思わせてくれる。久しぶりの長編だが、根底にあるものは変わっていない。それどころか技術に磨きがかかった」と第2巻を手に取った。


 「話題になっているから来てみた」という茨城県つくば市の大学教員、緒方章宏さん(68)は「先週は両巻ともあったのに……」と、第2巻を購入し第1巻を予約していた。両巻とも税込み1890円だ。


 発売前から書店の期待も高かった。同店では、事前に過去の村上作品をまとめた冊子を配布。担当者は「日本を代表する作家の5年ぶりの長編小説。お祭り状態にしたいと盛り上げました」と歓迎する。


 異例ともいえる現象について、出版ニュース社の清田義昭代表は、発売前から市場が村上さんの新著を渇望する「ハングリーマーケット」を形成していたことを指摘した。「出せば必ず売れる作家だが、今回はタイトルだけを公表、内容を一切紹介しなかった販売戦略が大きかった。(ネット書店大手の)アマゾンが先月20日時点で、国内長編小説としては史上最高の予約部数1万部を記録したことや、発売直前に新潮社が増刷を開始したことが報じられ、話題のキャッチボールが起こった。発売後も品薄感が広がり、読者はどんどん読んでみたくなった」と分析。また、今年2月、イスラエルの文学賞「エルサレム賞」の授賞式での講演が話題になったことも、新作への期待が高まった要因の一つとした。


 版元の新潮社によると、社内でも限られた社員数人しか原稿に目を通さないという徹底ぶり。海外のエージェントの協力も得、ブックフェアでも内容も明かさなかった。同様の例では、郷ひろみさんが、二谷友里恵さんとの離婚の真相を語った「ダディ」(幻冬舎)はミリオンセラーになった。


 だが、担当者は「戦略ではない」と強く否定する。同社から7年前に出版した「海辺のカフカ」では、原稿入手から発売までに約1年の期間を取り、事前PRに時間を掛けた。このため内容が少しずつ漏れ、読者から「予備知識なしに読みたかった」という苦情が寄せられた。そこで、村上さんと話し合って「実験的に」(担当者)今回の手法をとったという。


 ファンの間では続編の期待もささやかれる。同社は「この2冊で完結しています。次があるかどうかはわかりません」と回答する。


 「従来の村上ファン以外も読みたくなる。本を読む層を開拓することにもつながるのではないか」と清田代表が話す「1Q84」、さて出版業界の救世主となるのだろうか。


引用:毎日新聞

キラほしクリックでテンションが上がります!キラほし
 ⇒ 人気ブログランキング ニュース全般
 ⇒ ブログセンター ニュースと時事


関連ニュース
「1Q84」が100万部突破」[RANKING]
村上春樹:「1Q84」が1、2巻で34万部 「ノルウェイの森」も急上昇」[RANKING]


すごい過熱ぶりですね!
何がすごいって、その報道がですよ


いくら名のある作家とはいえ、ここまであちこちで目にするのは、ちょっと珍しいですよ
なんというか・・・娯楽に飢えてるって気がしますね〜


なんとなく今の芸能界に似てませんかね
急に露出が上がったかと思うと、1年後にはほとんど見かけなくなる・・・
また、見かけないことすら気付かないという・・・


いや別に、この本がツマランと言ってる訳ではありません
実際これだけ売れてる本が面白くないはずありませんわ!
でも、マスコミ報道に煽られて購入する人も多そうだ
私も「100万部!?ふ〜ん、面白いんだ〜」と、読んでもいないのに思いましたから


でも、すぐにオークションとかに出回りそうだな・・・
え?もう出てる??
ひょっとして・・・それが目的か!!


ま、村上春樹と角川春樹をず〜っと勘違いしてた私は買いませんが・・・

| 芸能・エンタメ | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:41 | - | - | pookmark |









http://kyounoneeews.jugem.jp/trackback/83