BLOG RANKING
いつも応援ありがとうございますニコッ
人気ブログランキングへ ブログセンターへ
キラほしこのブログの順位は?
CATEGORIES
NEW ENTRIES
KEYWORD
BEST SELLER
SPONSORED LINKS
LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
 
政治・経済から芸能まで、今日の出来事にゆる〜くコメントします
<< <河村・名古屋市長>あす就任1カ月 「支持しますか?」に、民・自・公が回答留保 | main | 米が対北朝鮮で新方針、5か国協議体制で非核化へ圧力 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
世界初成功、サルの遺伝子組み換え…人間の難病解明へ一歩
世界初成功、サルの遺伝子組み換え…人間の難病解明へ一歩

 猿の一種、マーモセットを使い、新しく導入した遺伝子を子供に受け継がせることに、慶応大と実験動物中央研究所のチームが成功した。


 霊長類での遺伝子組み換えは世界初で、人間の難病遺伝子を導入する手法によって、病気を詳しく調べることが可能になる。28日付の英科学誌ネイチャーに発表した。


 研究チームは、猿で最も繁殖性が高いコモンマーモセットを選び、遺伝子の導入効率を高める工夫をして受精卵に蛍光遺伝子を送り込んだ。この受精卵を順次、仮親の子宮に入れたところ、5匹が誕生。5匹とも毛や皮膚などが光り、導入した蛍光遺伝子が働いていた。


 5匹のうち、2匹では精子や卵子でも導入した遺伝子が働いている。この2匹を片親として生まれた子供4匹のうち3匹でも導入遺伝子の働きを確認できた。


引用:読売新聞

キラほしクリックでテンションが上がります!キラほし
 ⇒ 人気ブログランキング ニュース全般
 ⇒ ブログセンター ニュースと時事


関連ニュース
脱毛・薄毛の遺伝子発見、キューティクルに異常…国立遺伝学研」→[RANKING]
蛍光色の動物を作り出す:GFP利用の遺伝子組み換え生物、画像ギャラリー」→[RANKING]


こういう分野の研究って、知らんうちに地道に進んでるんですよね


霊長類である”猿”で成功したってのが意義があるってことですか?
文章がやや難しいですが・・・
病気の遺伝子を猿に導入して、その猿の子供を使って病理実験やらができる・・・ってことですかね


光るクラゲはテレビかなんかで見ましたが、光る猿も見てみたいですね
・・・って、肝心なのはソコじゃないか


クローンについての研究も進んでるんでしょうね〜
そのうち出そうですね、”クローン猿”

| テクノロジー | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 16:48 | - | - | pookmark |









http://kyounoneeews.jugem.jp/trackback/71